2014年3月2日日曜日

目当ては壁でも良い


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


目当ては壁でも良い
目当ては壁でも良い

目当ては壁でも良い

ご信心させていただくようになり、人に伝えたいと思うようにもなり、「 じゃあ実際のところは…… 」と自問自答する中で、何かがなければ信心が出来ないという面がないのかどうかを考えるようになりました。

つきつめて考えてみて、何を大切にしているのかということです。

言い換えれば、これがないと生きてはいけないというなくてはならないもののことです。

それが僕にとって、神様なのか、ご信心なのかどうなのかという問いです。

誰にも見ることは出来ないのだから「 神様、信じています 」と言えば、それまでなのでしょうが、実際に信じているのかなではご信心を伝えたい相手に伝わるわけがないということを最近強く感じています。( 自分が信じてもないものを……という考えです )

突き詰めていって、突き詰めていって……最後に残る大切にしているものが神様だったら良いのですが、突き詰めていった後、やっぱりこれ……神様以外のところのもの( お金や家、土地。健康もそうでしょうか )がないと生きてはいけないというのだったら、それまでのことが何だったのかと思うのです。

豊かになることを否定しているのではなく、豊かになることは願わせていただくことなのですが、そこに神様がなければ、いよいよ神様に縋れないというのでは、本末転倒になるのではと思うのです。

金光教の教祖様は、

みな取られてしまっても、惜しいとは思うな。みな取られたら、壁を目当てに拝めと、また金の杖をつけば曲がる。竹や木は折れる。神を杖につけば楽じゃ。

教祖さまのみ教え

とも、教えてくださっています。

何かがないと信心出来ないという心が自分の中にもないだろうかと、日々問いながら改めていくことで周りに伝えられることも増えてくるのではと感じております。

いかがでしょうか。

転ばぬ先の杖をつかんで|宗教家の書くブログ 転ばぬ先の杖をつかんで

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.