2014年2月8日土曜日

大きな神様、小さな自分


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


大きな神様、小さな自分
大きな神様、小さな自分

大きな神様、小さな自分

雪です。今日は会合があり、外出させていただきました。

道中、雪かきをされている人がいました。「 ありがたいなぁ 」と思う反面、雪かきをしたところに、また、雪がかぶさってきていました。

天地の親神様。針一点つくところなく

神様を例えられた言葉です。

金光教の教祖、生神金光大神様は、

天地のことをあれやこれやと言う人があるが、人間では天地のことはわからない。

天地のことが人間でわかれば、潮の満ち干もとめられよう。

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

神様のその中に包まれている、生かされています。

天地の大きさを知れば知るほど、自分が小さくなり、それは他人も同じこと。自分が小さくなるということは他人が大きくなるということ。

そう思えたなら、謙虚に、そして真摯に生きられるようになると思うのです。

その逆で、自分が大きく、大きくなって、苦しまれている方が実に多いです。僕もそうでした。

油断すれば、いつだって自分が( 我 )大きく、大きくなってまいります。

降る雪を見させていただきながら、神様の大きさを感じ、そして、自分の小ささをあらためて感じさせていただきました。

いかがでしょうか。

生きている前提で話が進むから生きにくくなる|宗教家の書くブログ 生きている前提で話が進むから生きにくくなる

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.