2014年2月25日火曜日

僕の頭の中の整理


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


私の頭の中の整理
私の頭の中の整理

私の頭の中の整理

手付けの信心、手付けのおかげと亡き祖父から伝え聞いています。

経済的に苦しい…、病気を治してほしい…、人間関係で苦しんでいる……など。大抵、最初は誰もが、苦しい…助けて…という気持ちから信仰を求めるのかと思いますが、それらの願いが成就したら終わりかと問えば、それからが人生の始まりなのだと思うのです。

その始まりの願い成就が「手付け」と呼ばれることと思います。

始まりの願い成就、手付けのおかげも、とても大切なことです。なぜなら、皆それで苦しんでいるのですから。

それでもその先にある、人助けの心が生まれるおかげを受けはじめたら、他人を助ける身になるというもう一つのおかげに目覚めはじめたら、そういう生き方になりはじめたならば、自然と神様に心が向く毎日になり、いつでもどこでも、どのような状況であろうとも、助かりに向かっていくのだと思います。必ず。

ときにはイライラしますし、落ち込みもしますが、いつだって願いながら、思い返していけます。

「 始まりの願いも成就していないのに……、何をそんなことを 」と、このような状況なら、まずは手付けのおかげをいただけるよう必死にお願いしていくほかありません。

手付けのおかげをいただいたならば、いただいたのかなと思ったら、常に立ち止まることがないように、心がけていきたいと思います。

そうして、神様からいただいた命を一日一日と大切に、本当に大切に向い合っていけたらば、他人へと助かりの心が向くようになりますでしょうし、結果自分もイキイキとしてきますし、とてもすべてがありがたいことになってくること間違いないです。

少し頭の中を整理しつつ、僕の信仰心について思い浮かぶ言葉で書いてみました。

いかがでしょうか。

動いてみた結果―それでも2年半座ってみて|宗教家の書くブログ 動いてみた結果―それでも2年半座ってみて

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.