2014年2月20日木曜日

だからこその


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


だからこその
だからこその

だからこその

一つの言葉に、様々な受け止め方が存在します。

良い方に受け止められたら悩むこともないのでしょうが、どうしても良い方へは受け止められないと感じる言い回し、そんなふうに訪れるときがあろうかと思います。

だからこそご信心が必要だと思うのです。

金光教の教祖・生神金光大神様は、

おかげは和賀心わがこころにあり

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

いかなる場合でも、自分の心がやわらぎよろこぶ心になることこそ、おかげになるのだということです。

「 あぁ〜なるほど、分かった、分かった 」と簡単になれる境地ではないように感じています。

だからと言って難しい( 無理 )かと言えばそうでもないようにも感じています。まだ、先は遠いですが、、、

ご信心です。『信心とはわが心が神に向うのを信心というのじゃ』と、教えてくださっています。

日々いろいろなことが起こります。当然、経験したことがないことなど、日常茶飯事です。

そして、経験したと思っていても、自分の心が常に安定していないから、そういう意味では、常に未経験といえるかもしれません。だからこそのご信心です。

ご信心させていただけば、必ず立ち行くということは断言出来ると感じています。

もし、人生にやり甲斐を見出せていないのなら、投げやりになっているのなら、どうぞ、ご信心を。

いかがでしょうか。

【 不安・心配 】のない世界へ|宗教家の書くブログ 【 不安・心配 】のない世界へ

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.