2014年2月12日水曜日

内側から揺り動かすものとは


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


内側から揺り動かすものとは
内側から揺り動かすものとは

内側から揺り動かすものとは

今日も命をいただきました。このように思える心はどこから生まれているのでしょうか。

「 あ~、ありがたい 」内側から込み上げてくるもの。瞬間瞬間では誰もが経験あるとは思いますが、この気持ちが常に持続することこそ、一日一日を無駄にしない積み重ねていく秘訣かと感じています。

感じていても、実際には内側から出てこないとどうにも。それでは、ため息しか出なくなることも考えられます。

この内側から自分自身を揺り動かしているもの(者?)...それは一体??

僕は、それが神様だと信じています。

金光教の教祖、生神金光大神様は、神様と人間( 氏子 )を親と子の間柄で捉えられました。

子の助かりを願わない親などいない、というのが神様のお気持ちです。空気もそう、水もそう、光エネルギーもそう、熱もそう、食べ物も……人間( 子 )に助かって欲しいから存在しているそれぞれです。

地球上に存在しうるものが、人間を、人間を含めた万物を生かそう生かそうとしているのです。そうは思いませんか?

ここに気付くか気付かないか、認めるか認めないかで事態は大きく変わり、結果心も変わってくるのでしょう。

空気・水・光エネルギーなど神様からのお恵みお働きが、目に見えないから( 水や電気もお金を払って買っている感覚なら )御礼は必要ないとも言える。それでいいのでしょうか。

誰もがもらっているものだから、アタリマエのものなのだから、私一人が御礼をしても、、、という心かどうなのか。それは、自分自身が一番よく分かっていることと、そう思います。

そこをご信心させていただけば、それらは御礼の対象となると思うのです。その結果、生き甲斐を感じることでしょう。命をいただいて生かされている感覚が生まれると思います。

その思いは、無意識的に心を生き生きとさせ「 どうぞ今日も一日!」と内側からやる気を生み出すように思うのです。

それが神様。僕たちが生かされている親でもあります。いかがでしょうか。

存在そのまま|LINEBLOG 存在そのまま

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.