2014年1月11日土曜日

私の責任はどこまで...


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


私の責任はどこまで...
私の責任はどこまで...

私の責任はどこまで...

仕事をしていれば、必ず役職というものがあって、それぞれでの責任・権限があろうかと思います。

問題が起きたときも、しっかりと対応が出来るように、上司がいて成り立っていますよね。

けれども、お参りされる氏子の話を聴かせていただくと、責任範囲でのシステム自体が機能していない会社があったりと、そのように感じます。

たとえば、アルバイト。社員が少なければアルバイトのやることは多くなるし、社員が多くても責任云々の上下が機能していなければ、これもまたアルバイトのやることが多くなってしまいます。

ここでどうするかですが……、僕は、その中で喜びを見出すことが得策かと感じています。たとえアルバイトだとしても、です。

難問が来たら、自分の成長のためなんだ。クレームが来たらこれも自分のタメなんだ。もしかしたら、誠意ある行動の先に新たな仕事につながったり、と。

ただ願わくば、分けたいとも思っています。ここまでは私の範疇、ここからはあなたの責任、と考えた方が気持ちもスッキリしますし、何より何から何まで自分でやろうとすれば、いくら時間があってもいくら能力が高くとも限界はあると思いますので。

ですから、平生のうちに、割り切れるところは割り切って、けれども万が一追い込まれるということになった場合、上記のように割り切らずに責任じゃないからと突っ返さずに( 実際は対応しているので要は心の問題ですが…… )対応出来たら、次につながるようにと思います。

何より自分が腹立たずに、その気持ちが大事と思います。

教祖さまは、

商売をするなら、買い場、売り場というて、もとをしこむ所と売り先とを大事にせよ。

人が口銭を十銭かけるものなら八銭かけよ。目先は二銭損のようでも、安うすれば数が売れるから、やはりその方が得じゃ。

体はちびるものでなから働くがよい。

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

どれだけ腹を立てずに毎日を過ごさせていただくか。常に意識する必要性があるように感じるのです。何事もお願いしながらです。

いかがでしょうか。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと
 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.