2013年12月30日月曜日

思い通りにいかないときを


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


思い通りにいかないときを
思い通りにいかないときを

思い通りにいかないときを

思い通りにことが進まないことも、生きていれば様々な場面であることかと思います。

また、自分の中で思い通りにいっていたことが、よくよく聞いてみると誰かの我慢の上に成り立っていたりすることもあって。

教祖さまは、『難儀なことが起こってきたらそれはめぐりのお取り払いである』と、教えてくださっています。

思い通りに行かないときこそ、成長を見出せるチャンスなのかもしれません。

「 そんなものならいらない…… 」と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような姿勢ではいつまでたっても思い通りにいかないことが起こってきても、そのことに対して腹を立て続けることになるのかもしれません。

自分の思い通りのままに、波風無く人生が終わっていくとは思えないと強く感じています。これは、誰もが感じていることではないでしょうか。

けれども、よりよく、よりよく、と願っていることは、これも、誰もにあてはまることかと思います。

思い通りにいかないことを、「 これか!やっと来た^^ 」と思えるくらいに待たせていただくと、お願いしながらではありますが、ことが展開していくように 思います。

いかがでしょうか。

思い通りにいかないときこそ|宗教家の書くブログ 思い通りにいかないときこそ

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.