2013年12月22日日曜日

どんなときでも眠れる


難儀が難儀でなくなる。

どんなときでも眠れる

ある方の投稿を見て、なるほどと思わされました。

どんなときでも眠れる

考えてみれば、昔は真剣に、本当に真剣に悩んでいたことも、今じゃ気にならなくなったことが多々あります。その一つに、眠るときの雑音・灯りです。



本当に以前は少しの音、灯りで眠れなくなったことを覚えています。それ一つとってみても以前は本当に難儀でした。

その中に、眠れるのが当たり前、眠るときは、無音で、灯りがないのが当たり前......と、心の中で思っていたのでしょう。(さすがに今でも耳元で大音量、目元でまぶしいほどの灯りでは、眠れないのかもしれませんが、それでも以前ほど腹が立つということはないと感じています)

眠るときの音・灯りが難儀でなくなりむしろ、眠れるありがたさが勝ってくる。これがおかげだとつくづく思います。

今もなお、夜眠れずに苦しまれている方が多くいらっしゃいます。ご信心させていただき、難儀を難儀と思わない生き方になれるよう、お願いさせていただきたいと、思います。どうぞ…


 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)




BLOGRANKING
ここをタップ
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.



メールdeお取次
ここをタップ



SNSでこの記事をシェアする.
シェアしていただけると嬉しいです.