2013年12月11日水曜日

捉え方次第


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


捉え方次第
捉え方次第

捉え方次第

捉え方の違い、言葉にすると明確になることがあります。

言葉にしてはじめて「 そう思ってたんだ 」ということに気付かされます。

ご信心とは、教祖さまの生き方に触れこちらの心を改めて、悪いところは出来る限り直してお詫びして、良い方へ、良い方へと考え改めさせていただくことかと思います。

その考え方がときに、理解されないこともあるのかなと、感じたりもしました。

例えば、悲しい時に喜ぶこととか。

どれだけ大きな難儀の中にも、必ずおかげは含まれていて。というより、おかげがあってはじめて難儀に出会えるという順序ですね、考え方で。ここの捉え方がそもそも違いますから。

教祖さまは、

難はみかげ

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

「 闘病生活 」というのも捉え方で変わる。病気と闘う……、少しの違いで後々が大きく変わるように感じています。

亡くなった祖父は、次のように言っておりました。

病に罹っても、「ようこそ、自分の不注意を知らせ下されました。有難うございます」と、病にお礼を申す気なら、病も喜びその人をそんな苦しい思いにさせません。

しかし、病を目の敵と思い、メスを入れ、痛い目に会わせるから、病も怒って場所替えして移転するのです。

まあ、同居されたら、仲良く行きましょうよと、病を愛する気なら、血行も良く気に病まないから病も良くなり、重い病気にならないのです。

須賀院義雄師の教え

いかがでしょうか。

亡き祖父の教え「 ある家族の助かり 」より⑫|宗教家の書くブログ 亡き祖父の教え「 ある家族の助かり 」より⑫

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.